広告

2017年12月24日日曜日

【社会不適合】センスの無い私が分散収入ライフの考えを用いた収入の目標金額

こんにちは、ストーンヘッド鈴木です。

何事にもセンスが無い、何をやってもダメな私が、無理をせず背伸びをしないまでも、細く長く生活をしていくにはどうしたら良いのか、収入源をひとつに頼らず分散化する分散収入ライフの考え方を取り入れた月当たりの収入の「目標金額」と、支出金額をまとめたいと思います。


こんな時代ですから…自宅で密かに楽々副業収入、目指せ安定生活!!


いくら財布に入って来て、そしていくら財布から出て行くのか、収入と支出の把握による見える化が出来ていないと、収支の状況に気付く事が出来ず、赤字の場合は、近い将来的に確実に破滅となりかねません。



また家計がプラスであったとしても、だいたいでも良いので、いくらプラスなのかを把握出来ていなければ投資信託の積立など投資に一体いくら回せるのかもわからないという訳です。

ですから家計簿なりでの見える化により、収支の状況を把握し、ムダ、ムラ、ムリがあるのならば節約なりで削るという作業が投資の上でも生活を成り立たせる上でも重要となります。

生活の上では収入は大事ですので「ノルマ」という考え方も出来るのですが、「なんだかなぁ~」、それじゃ仕事での営業職のノルマみたいな気がしないでもないので、あくまで目標金額としました。


阿藤快の商店街ぶらり歩き (ベストカー情報版)



~収入の目標(月当たり)~
・リゾート地でのパート
 (リゾートバイト/通称リゾバイ)
 1日4時間~5時間程度×22日=80,000円

・スイングトレード(確定損益)
 10,000円


  →関連記事:カブドットコム証券のフリーETFによる売買手数料無料でスイングトレードするのに適した銘柄

・積立投資での含み益
 10,000円

・雑所得(雑収入)
 20,000円
 ブログ
 アフィリエイト
 物販(せどりや書籍の出版など)
 配当金相当額/貸株金利/預株料

収入の目標金額合計:120,000円


~支出~
・家賃
 35,000円

・食費
 低脂肪牛乳やヨーグルト、調味料なども含む 
 1日およそ1,000円で30,000円

・おやつ
 1日250円で7,500円

・通信費
 スマホ、インターネット含む3,000円

・国民年金
 節税と老後の保障を兼ねて年末にお金に余裕があれば、「ある時払い」

・国民健康保険&医療費(首の牽引など)
 10,000円

・民間保険
 がん保険 830円
 個人賠償責任保険(自転車含む)200円

支出の合計:86,500円
収支:+33,500


<現状と今後>
現状では頚椎症のリハビリや過敏性腸症候群などの体調を整えており、無職ですが、今後上述の国内や海外からの観光客の方を対象としたリゾートバイトを背伸びをせずに無理の無い範囲でしようと考えています。

当方、英語、中国語、ドイツ語、スペイン語を勉強した事がありますが、そのうち、英語を除き他の言語は記憶が遠くなっていますが、特に中国語などビジネスチャンスと思えば再度勉強するつもりです。

雇用形態や業種はともかくとして、道を極めれば将来、国内や海外で独立や転職というオプションも考えられます。収入も大事ですが大きな会社でも先のことはわからないご時勢では、何を体得し何が出来るのかの方が大切かもしれません。

もしかしたらディスコで知り合った外国人のオネエさんと仲良くなって、あわよくば海外の現地へ、、、バイバイキーンという事もあるかもしれない訳です。(ないかもしれませんがw)


プリちぃビーンズSプラス ばいきんまん


企業によってはパートタイマーもアルバイトもあまり違いがなく、パートタイマーでもフルタイムな事もあるので、短時間での労働をきっかけに、自分の能力など様子を見ながらフルタイム、そして契約社員や正社員を目指したいと考えています。

厚生年金に入れれば社会保険と同様に企業側が半分払ってくれるだけではなく、厚生年金による国民年金+アルファの部分も見込め、所得がある場合は節税と将来的に受け取る年金の金額を増やす事にもつながります。

また、条件はあれど、社会保険では病気や怪我で勤務が出来ない場合は傷病手当金や、仕事中や通勤途中での怪我などは労災、そして失業となってしまった場合は失業保険(雇用保険)の受給など公的な社会保障制度を受ける事にもつながります。

さて、投資に回せるお金は当座の生活防衛資金を除いた余剰資金が原理原則です。

そして家計の手元に残るお金を増やす方程式は収入を増やし、支出を減らすという事です。

従って、何らかの形で比較的安定して収入を増やす事が出来、そして節約をしながら支出を減らせれば、より投資に回せるお金が増える訳です。

なお、収入は少なめに、食費などの支出は多めに見積もりをする事でシビアにしています。

正社員とは違い、パートタイマーなどのフリーターは場合によってはシフトが減る事も考えられます。

シフトの減少は収入が減る事に直結しますし、スイングトレードも相場には波もあり、短期では必ず利益を安定して出せるとも限らず、全体としてどうしても収入は不安定になりやすいというデメリットもあります。

さて、当ブログにて「分散収入ライフ」を採り上げている様に、現実的には給与所得を収入のメインとしつつも、サブとして→投資やブログ、海外ディスコ(ナイトクラブ)での健全な出会いや楽しみ方などの書籍の出版やサロン運営などにより収入を分散化していきたいところです。

その上、徐々にながらも将来的にはサブの収入を増やし、いつメイン収入がリストラや心身の病気などで途絶えてしまっても、サブ収入で当座の家賃や食費を賄えるようにしたいところです。


※大まかに生活が成り立つのかの把握が目標なので、端数は切り捨てしています。


世界一周、ワーホリ、留学するために、僕が1年間リゾートバイトをして100万円貯めた具体的な方法。: リゾバで100万円




→関連記事:知らないと損?背伸びをせずに誰でも小金持ちを目指せる方法


ブログランキング・にほんブログ村へ