広告

2018年1月5日金曜日

海外旅行で余った小額の現地通貨は米ドルへ再両替をした方が良い理由

こんにちは、ストーンヘッド鈴木です。

今回は海外旅行で余ってしまった現地の小額のお金はアメリカドルへ再両替をした方が良い理由について述べたいと思います。

まず、大前提として、新興国などマイナーな通貨は、場合によってはその国を出てしまうと他国ではその通貨は両替が出来ないという事もありえます。


アメリカ ドル リング 指輪 シルバーリング シルバー925 シルバー 925 メンズ 彼氏 レディース 彼女 //【楽天市場】【送料無料】←DM便


また、あまり流通量が多くなかったりすると、両替所(両替商)や銀行なども営利組織として事業を展開している都合上、需要が見込みにくく儲けにくい通貨に対しては、取り扱いが無かったり、仮に取り扱いがあったとしても売値と買値の差(スプレッド)が大きく、実質的にかなり目減りしてしまうという事もあります。



日本へ帰ってきた際に、成田空港や羽田空港など国際空港にて再両替をする事が多いかと思います。

しかし、帰国時に空港内のコンビニに走り、久しぶりに日本の美味しいオニギリやお寿司などを楽しみ、私の様にうっかり再両替をうっかりし忘れてしまったり、あるいは夕方のラッシュアワーや終電など空港からの移動の都合上、時間が取れずに再両替をしそびれてしまったという事もあるかと思います。


絶版品★うっかり八兵衛★高橋元太郎★


誰しも大なり小なり、そういった事もあるかと思いますし、特に上述のインディーともいうべきマイナー通貨は日本で再両替が難しい点からも、海外の空港などで飛行機に乗る前に現地通貨からアメリカドルに再両替をしてしまうのも手です。

原理原則として両替は基本的に紙幣(お札)しか受け付けてもらえない都合上、硬貨(コイン)を含む現地通貨から日本円へ再両替の場合は、最低1,000円となってしまいます。

アメリカドル(米ドル)は世界の基軸通貨であり、世界のどこでも使えるといっても過言ではありませんし、小額紙幣は1ドル札からあります。


【中古】FC アメリカ横断ウルトラクイズ


ですのでイメージとして、タイバーツから日本円またはアメリカドルの最少額紙幣への再両替の場合は、以下の金額のタイバーツが必要となります。

→タイバーツから1,000円札へ再両替をしたい場合、1バーツ3.5円として285バーツが必要。

→タイバーツから1米ドル札へ再両替をしたい場合、1バーツ0.03セントとして33バーツが必要。



よって1,000円札よりも1米ドル札への再両替の方が、小銭を含む手元の現地通貨が少なくても、再両替を圧倒的にしやすいという事がイメージとして感じていただけたかと思います。

米ドルにさえ再両替が出来ればメジャー通貨ですので、一般的にはお札(紙幣)に限りますが日本国内の地方でも銀行などで必要な時に日本円へ両替をしやすいという特徴があります。

海外旅行へ行かれる際は、参考のひとつとしてみてはいかがでしょうか。


→関連記事:海外旅行で現地通貨の紙幣やコインなど外貨を極力余らせないようにする方法


【ふるさと納税】A-093 コカ・コーラ 500mlPET【2ケース】