広告

2017年12月11日月曜日

クリスマスマーケットの本場ドイツまでは遠いけど日本の自宅でドイツのクリスマスを楽しむ方法

こんにちは、ストーンヘッド鈴木(@StoneHeadSuzuki)です。

クリスマスマーケット(Weihnachtsmarkt)の本場といえばドイツと言っても過言ではありません。


シャルロッテンブルク宮殿@ベルリン

ドイツのクリスマスマーケットでは、木造の実に様々な屋台が出店され、だいたい教会の前などの広場が会場となっています。



クリスマスマーケットはドイツ全土で開催されるのですが、市内のいたるところに沢山のクリスマスマーケット(観光客向けと地元向け)があるのがベルリンのクリスマスマーケットで、寒い中にもかかわらず兎に角非常に多くの来場者に驚きます。




冬のドイツのガチで寒い中、グリューワインという香辛料の入ったホットワインを飲みながら体を中から温め、あぁでもない、こうでもないと世間話に花を咲かせたり、あるいは健全な大人の男女の出会いなど楽しみ方は実に人それぞれであったりもして、クリスマスマーケットで知り合った人とその後にナイトクラブ(ディスコ)へ行ったり、逆にナイトクラブで知り合った人とクリスマスマーケットでデートしたりといった事も、、、

なお、ドイツ現地では各地域オリジナルのグリューワインの陶器があり、グリューワインを購入の際に、2ユーロくらいのデポジット(保証金)を払い、容器を返却するとデポジットが返却されますが、実は容器に地名が入っており、そして容器の形や色づけは実に様々なので、中にはお土産として持ち帰ったり、お土産用に容器を購入するコレクターの方もいたりもします。

ちなみに現地のドイツ人曰く、グリューワインはお酒ではなく、「健康の為の薬だよ」とギャハハハハとお腹の底から大きな声で笑いながら言われたことがありますw
日本で言うところの百薬の長という事なのでしょう。


ドイツお土産 | クリスマス グリューワイン マグカップ 赤 【161629】


お祭りの楽しみ方は十人十色ではありますが、各お店で売られているキャンドルや飾り用のクッキーの他、建物のデコレーションや幻想的なイルミネーションを見て歩くだけでも非常に楽しく、インスタ映えすること間違いなしです。

会場によっては、移動式のメリーゴーランドや観覧車など移動遊園地もあり、文化的な意味以外にもテーマパーク的な要素もあります。




なかにはドイツのクリスマスマーケットの為に日本から渡独する方もいるくらいですが、行きたいと思っている方でも実際には予算や日数の都合上、なかなか行けないという方も多くいらっしゃるかと思います。

私の写真では伝わりにくいかもしれませんが、それくらい素晴らしく、また虜になってしまうのもドイツのクリスマスマーケットで、各都市のマーケットを訪れるという楽しみ方もあります。


ドイツ クリスマスマーケットめぐり (私のとっておき) [ 見市知 ]


一方で、自宅でもオンラインの通販なりを利用する事でドイツのクリスマスマーケットの雰囲気を楽しむ事も出来ます。

例えばクリスマスマーケットで必ずといっても良いくらいに見かけるこちらの上部に羽の付いて回転する建物(画像右側)。


アレクサンダープラッツ@ベルリン

実はドイツのクリスマス・ピラミッド(画像右側)で、お土産用として売られている物は、キャンドル等で灯りを点けると、その上昇気流で竹とんぼのような上部の羽がクルクルと回る仕組みとなっており、なんとも心を落ち着かせてくれます。


【xmas限定販売】クリスマスピラミッド キリスト生誕


ドイツ人は暗い中でのキャンドルの明かりが好きで、ナイトクラブ(ディスコ)やレストラン、カフェでは照明は非常に暗いお店が多く、テーブルの上にあるキャンドルの灯りをもとに飲食をするという事も多々ありました。



ディスコ@ベルリン

ドイツ人の知人は自宅で入浴するさいに、バスタブの周辺にキャンドルを置いてリラックスしながら入浴していたり、寝室や居間などでよくキャンドルを使っていました。


キャンドル 蜜蝋 ティーキャンドル 最高級 ドイツの蜜ろう キャンドル VON FLOTTE BiENEN ボンフロッテビーン ハニーキャンドル ティーライトタイプ10個入り ガラスホルダー 1個付 究極の癒し! ※5,400円(税込)以上で送料無料(北海道/沖縄は送料別途)


クリスマス・ピラミッドを自宅に飾る際は、火の元に注意しつつも、部屋の明かりを必要最低限にして、ピラミッドとテーブルにそれぞれ火のともったキャンドルを置くだけでもドイツの落ち着いた雰囲気を日本の自宅で楽しめるかと思います。



そして私はクリスマスの時期にドイツへ行くと、必ずと言って良い程、シュトレン(シュトーレン)とレープクーヘンをお土産として買います。




レープクーヘンの写真はちょっと見当たらなかったのですが(写真を撮る前に食べちゃった?w)、どちらも香辛料が入っており、日本のクッキーやケーキと比べると、ちょっと癖や甘ったるさもありますが、逆にこの癖に慣れるとハマるかもしれません。




シュトレンは実に様々な大きさ(重さ)があり、私は好きなのでなるべく大きくてラグビーボールみたいな大きさの500gや1kgのものを買います。


オーベル マジパン シュトーレン 1kg ビッグサイズ 食品 お菓子 クリスマス 輸入 コストコ


特にシュトレンは12月の上旬のアドベント(待降節)からクリスマスまでの4週間ほどの期間に食べますが、一般的に大きさとその保存はあまり気にしなくても大丈夫で、むしろ日ごとに少しずつ切りながら食べる事により、味の変化を楽しむのがシュトレンの醍醐味でもあり、楽しみ方でもあります。


レープクーヘン エクスプレス 200g レトロな自動車缶 ドイツの クリスマスのお菓子 レープクーヘン 高級エリーゼンレープクーヘン8枚入り 手巻き式 オルゴール付き ※5,400円(税込)以上で送料無料(北海道/沖縄は送料別途)



クリスマス【数量限定】ランベルツ ミルクチョコレープクーヘン 500g


近年、特にシュトレンの人気が高いですが、レープクーヘンもオススメなので機会がありましたら合わせてどうぞ。


ブログランキング・にほんブログ村へ