広告

2017年6月7日水曜日

【ゴシック】アメリカ・ラスベガスのクラブ・パーティーMALEVOLENTは北米のゴス系パーティーの起爆剤?【エレクトロ】


更新:2017年6月7日
MALEVOLENTのフライアーがブログ運営の「大人の事情」の為、写真を変更しました。





こんにちは、海外ディスコ研究家のストーンヘッド鈴木です。
さて、今回はアメリカ・ラスベガスのクラブ・パーティー「MALEVOLENT」がもたらす起爆剤効果についてです。






第1回目のフライアー
引用:https://www.facebook.com/TBHotelVegas/




MALEVOLENTの開催日時などパーティー・インフォメーションついてはこちらの記事にて紹介しています。


関連記事:ストーンヘッドも注目のアメリカ・ラスベガスのクラブカルチャー界の風雲児的パーティー?MALEVOLENT
http://stoneheadsuzuki.blogspot.jp/2017/06/malevolent.html



MALEVOLENTは2017年5月にスタートしたばかりのパーティーで現状では月1回第2土曜日の開催です。

状況によっては今後、月の開催数が増えて第4土曜日も開催されればSCARLETと合わせて月4回楽しめることとなり、これだけでもMALEVOLENTはラスベガスのゴス系クラブカルチャーの起爆剤となるのは間違いないでしょう。


関連記事:【ゴス】ラスベガスのスカーレットでクラブパーティーがあるよ【インダストリアル】
http://stoneheadsuzuki.blogspot.jp/2017/06/2017617.html





ストーンヘッドが以前の記事で述べていた、ラスベガスのクラブカルチャーに動きがあり、ベガスが第2のベルリンになるかもしれないという理由の1つがまさにこのMALEVOLENTの動きです。


関連記事:【ゲルマン民族の】第2の自由都市ベルリンが建設されるのも遠くない?【大移動】
http://stoneheadsuzuki.blogspot.jp/2017/06/blog-post_68.html



そもそもラスベガスはカジノ以外にエンターテイメントやメッセ(展示会、見本市)の側面もあり、多くの観光客やビジネスパーソンが全米をはじめ、世界各国から訪れます。







今回の動きをきっかけに、こういった人たちがゴスやインダストリアル、EBMの面白さ、クラビングの面白さに気づいたら今後どうなるでしょう。

そしてストーンヘッドが注目しているもうひとつは、SNSなどを利用したネットワークです。

例えばヨーロッパではドイツやUK、そして日本では東京の※1「I AM ELECTRO」、北米ではラスベガスなどでお互いが独立してクラブ活動をしつつも、SNSなどを使ってファンも交えて相互に連携を高めれれば、この世界の更なるファンの増加、ブームに火が点くのではと思います。

(ヒントはプロレスの3大メッカともいえるアメリカのWWEとメキシコのルチャリブレ、日本の新日本プロレスとの相乗効果です。)



関連記事:※1
【オラの村には】ベルリン仕込みのクラバーであるストーンヘッドが注目するクラブイベントが都内で6月11日(日)にあるよ【ディスコがねぇ!】
http://stoneheadsuzuki.blogspot.jp/2017/06/blog-post_97.html




例えばゴス、インダストリアルの本場といっても過言ではないドイツ人のゲストDJがラスベガスでまわす事によってドイツの今流行っている曲や雰囲気がラスベガスに直輸入出来ます。

ある程度手ごたえを感じてくれば、もともとエンターテイメントのノウハウや施設のあるラスベガスですから大型のコンサート施設でのビッグパーティーという事も、時間はかかっても近い将来的にはまったくの机上の空論でもないように思えます。

もちろん半分はストーンヘッドのお花畑ともいえる妄想も入っていますが、ラスベガスでの今回のこの動きは今後も注目に値すると考えています。